アウトラインパス作成
0

カッティングステッカーの作り方

今日はカッティングステッカーの作り方を少し解説したいと思います。
手切りされている方や、独自の方法で製作されている方など、色々な手法があると思いますので、必ずしも正しい方法ではありません。
のらいも工房の製作方法ですので、ご参考になりますと幸いです。

まずは元となるイラストを選定します。
できるだけ影がはっきりしているイラストの方が分かりやすいので、アニメ絵などがオススメです。
今回は実際にご注文いただいた例で説明していきます。

1.左元絵から右完成絵です。こうなる経緯を追って説明していきます。

88a9bed27cc7a917555d7f665cd9bd1e9814f9b7_6_273951486_151_large

弊社では、機械加工で製作するため、まずデータ上で白黒にデザインを描き起こします。
ソフトはイラストレーターとSAIとフォトショップ等を使いますが、イラストの場合はまずSAIでトレースが多いです。

fa828a37aadf56db997b22f863720cb3c84b5b03_6_273949355_27_large

 

 

2.これは別のイラストですが、SAIを使いトレースしていきます。

キャラクタートレース

 

キャラクタートレース2

ちょくちょく色を塗って、仕上がりを確認しながら進めます。

トレース確認完成

トレース完成

3.次に仕上がったイラストをイラストレーターに入れてアウトラインパスをとります。

アウトラインパス作成

この時点で、ベクターデータになりますのでどこまで拡大しても形状が変わることはありません。

アウトライン拡大

ここからは製作サイズにより使うソフトが分岐しますが、今回は「カットスタジオ」にパスデータを流しこみます。
カッティングプロッターでは、この点から点へ刃が移動していきます。

カットスタジオ

4.いよいよ物理的にカッティングシートをマシンでカットしていきます。

カッティングマシンでカット

機械加工といっても、すべて自動でやってくれるわけではありません。
物凄い残念ですが、粕取はすべて手作業でしなくてはいけません。
画像のトレースと、この粕取作業に一番時間と手間がかかります(^_^;)

5.カットが終わったシートのいらない部分を剥がしていきます。

粕取り作業

粕取り作業2

6.全て剥がし終わったら、抜き残しがないかチェックして、エアダスターで埃を飛ばします。

エアダスター

7.最後に転写シートを貼って完成です。転写シート貼りつけ

あとはこのまま施工したり、製作だけの場合は発送で納品します。

いかがでしたでしょうか。
カッティングは基本単色なので、作る人によって影のとり方が変わります。
フルカラーのものを単色で表現する手法なので、デザインを起こすのが意外と難しいです。

画像によっては影がはっきりしていなかったり、画像の端が切れていたりします。
その辺りは自分の判断で影を決め、足りたい部分は描き足します。

やってみると楽しい作業でもあるので、是非一度チャレンジしてみてくださいm(__)m

 

痛車ステッカー製作はのらいも工房にお任せください!
■℡:044-820-6137
■mail:info@noraimo.coom