0

レクサスLX570マットチャコールメタリック【フルラッピング】

今回はド級の車両が入庫いたしました。

新型のレクサスLX570です。

で、でかい・・・

LXフルラッピング前

 

お店の前に止まっても、中に入るのか不安になるサイズです。

DSC_1423m

 

公式サイトを見ると、、、

スクリーンショット 2017-01-16 18.39.33

 

全長5,065mm

なんと5m超えです^^;

すごいですねー

 

で、今回はこちらの車両を、単色のフィルムでフルラッピングさせて頂きました。

はやりのカラーチェンジ、色替えですね。

 

色々なメーカーが色々なフィルムを出していますが、単色系のフィルムの場合、弊社では圧倒的に3Mをオススメしています。

なぜなら、剥がす時にリスクが一番少ないと感じるからです。

他のメーカーさんも再剥離フィルムを出していますが、2年3年、または5年貼った時にどうなるか、実際に経験した人は世の中結構少ないです。

で、実際に施工してきた経験や、同業者の間で色々情報をシェアしていると、やはり3M以外のメーカーは若干不安が残ります。

保管環境や、元の塗装コンディションもあるので一概には言えませんが、3Mが一番安心感はあると感じているため、お客様にもオススメしています。

 

それで、今回お選び頂いたのは、3M1080シリーズの「マットチャコールメタリック」

マットメタリックのフィルムですので、マットブラックに塗装されたホイールや各パーツとも相性バツグンです。

IMG_5522

 

 

気持ち良くご発注を頂き、早速作業開始となりました。

まずは、パーツの脱着から。

単色フィルムのフルラッピングの場合、塗装と同等のクオリティが求められますので、結構色々なパーツを外して作業します。

なのですが、扱うのが高級車なだけに、色々ここでトラブルも。

ドアの内張りをバラしてドアノブを外したり、リアテールランプを外したり、場合によってはフロント周りも全部バラしたりしますが、高い車ほど複雑な作りになっています^^;

最近はどこにでもセンサーが付いているので、下手するとエラーが出てディーラーにリセットをお願いしないとダメな場合も・・・

 

今回はエラー関係は大丈夫でしたが、ドアノブを外すのに苦戦しそうだったので、作業を「ボディーショップカワナ」さんにお願いしました。

カワナさんは高級輸入車をメインに取り扱っておられる板金塗装屋さんです。

会社が近いのでよくお仕事を頂いたりしていますが、今回はパーツの外し作業に来て頂きました。

やはりプロにお願いすると安心です。

IMG_5427

 

 

サクッとパーツを外して頂いたところで、ラッピング作業開始です。

ところが、作業途中の写真を1枚も撮っていませんでしたので、いきなり完成写真のお披露目です笑

_DSC0078m _DSC0089m

 

_DSC0072LXフルラッピング完成

 

夜室内で撮影するのと、昼間に撮影するのとで表情がだいぶ違います。

これもマットメタリックの楽しいところですね(^^)

_DSC0032m_DSC0036m

 

 

もちろん細かいところも、ガッツリこだわりクオリティで施工しております。

_DSC0084 _DSC0087 _DSC0090 _DSC0092

 

 

いかがでしょうか。

今回はボディに合わせて、サイドのウィンドウモールもメッキからマットブラックへラッピングしました。

全体がマットの質感になり、一体感のある仕上りになりました。

ホイールやグリルなどはオーナー様が塗装をご依頼されたようで、こだわり抜いた1台になっております。

 

LX自体まだ走っているのを見かける機会は少ない車ですが、ここまで仕上げておられる車両はそうそういないのではないでしょうか^^;

車は大好きなので、楽しいご依頼でした♪

オーナー様にもお喜び頂けたので何よりです。

 

オーナーM様、ご依頼ありがとうございました。

 

■℡:044-820-6137
■mail:info@noraimo.com
■神奈川県川崎市宮前区東有馬3-15-4
痛車ステッカー販売はのらいもストアにお任せください!
http://noraimostore.com