剥がし作業
0

仕様変更に向けてステッカー剥がし作業です。

今日は梶が谷ガレージでデモカーのステッカー剥がし作業をしてました。

この車はステッカーラッピングをして一番新しいところで1年半くらい経過しています。

リアゲートはもっと前に貼っていたので2年程です。

 

ラッピングをして、みなさん剥がすときのことも心配されていると思います。

どのくらい持ちますか?とか、剥がすとき糊が残りますか?とよくご質問も頂きます。

 

単刀直入にお答えすると、どのようなシートを使っているか、そして車の保管環境によって大きくことなります。

 

まずシートですが、これは施工する業者さんによって異なります。

弊社ではラッピング専用のシート(3Dラップフィルム)を使用していますので、耐候性や剥離性はかなり高いです。

今回剥がした車両は約2年間青空駐車で保管してきました。

保管環境としては良くない方だと思います。

で、剥がすとこんな感じ。

剥がし作業

 

これは運転席側のフェンダーなので、あまり劣化が進んでいない部分です。

申し訳ないことにボンネットの写真は撮りそびれたのですが、基本的には同じように問題なく剥がせました。

びみょーーに糊が残る部分はありましたが、全体の0.数%程度です。

シール剥がしでふいてさっと取れました。

 

で、その他も全部剥がしたのですが、一番劣化が進んでいたのは、やはりルーフです。

こちらも残念ながら写真はないのですが、ルーフは別のシート「エアフリー70」で貼ってありました。

エアフリー70は屋外中長期用のシートですので、車への使用ですと1年程度が使用目安です。

今回はルーフに2年近く貼っていましたが、流石に少し糊が残りました。

が、塗装の剥がれなどはなく、少し残った糊もシール剥がしで問題なく除去できました。

 

作業途中ですが、全体的に剥がしていってこんな感じに。

ステッカー剥がし作業 ラッピング剥がし作業

・作業風景動画

 

剥がしに1時間、その後洗車して、全体で2時間くらいでしょうか。

綺麗にスッピンに戻りました。

 

今回は車の塗装もしっかりしていたので大丈夫でしたが、常に完璧な状態に戻せるとは限りません。

やはり塗装面にステッカーを貼るというのは、多少なりとリスクを伴う行為ではあります。

 

再剥離のできない材料を使うと、塗装がもっていかれたり、糊がガッツリ残ったりと、気が遠くなるくらい戻すのが大変だったりします。

是非ステッカーを貼る予定の方は、車の状態と使用年数を考えて、適切な素材を選んで頂ければ幸いです。

各素材毎に特性が色々ありますので、詳しくはお電話頂ければお答えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

特にルーフは要注意ですよ!

 

ということで、無事に剥がし終わったので、次の仕様へ準備を進めます。

お披露目は痛Gふぇすたを予定していますので、是非ブースに遊びにきてくださいね〜

 

痛車ステッカー製作はのらいも工房にお任せください!
■℡:044-820-6137
■mail:info@noraimo.com
■神奈川県川崎市宮前区梶ケ谷1460-1
痛車ステッカー販売はのらいもストアにお任せください!
■℡:044-820-6137
http://noraimostore.com