レクサスLX570マットチャコールメタリック【フルラッピング】

今回はド級の車両が入庫いたしました。

新型のレクサスLX570です。

で、でかい・・・

LXフルラッピング前

 

お店の前に止まっても、中に入るのか不安になるサイズです。

DSC_1423m

 

公式サイトを見ると、、、

スクリーンショット 2017-01-16 18.39.33

 

全長5,065mm

なんと5m超えです^^;

すごいですねー

 

で、今回はこちらの車両を、単色のフィルムでフルラッピングさせて頂きました。

はやりのカラーチェンジ、色替えですね。

 

色々なメーカーが色々なフィルムを出していますが、単色系のフィルムの場合、弊社では圧倒的に3Mをオススメしています。

なぜなら、剥がす時にリスクが一番少ないと感じるからです。

他のメーカーさんも再剥離フィルムを出していますが、2年3年、または5年貼った時にどうなるか、実際に経験した人は世の中結構少ないです。

で、実際に施工してきた経験や、同業者の間で色々情報をシェアしていると、やはり3M以外のメーカーは若干不安が残ります。

保管環境や、元の塗装コンディションもあるので一概には言えませんが、3Mが一番安心感はあると感じているため、お客様にもオススメしています。

 

それで、今回お選び頂いたのは、3M1080シリーズの「マットチャコールメタリック」

マットメタリックのフィルムですので、マットブラックに塗装されたホイールや各パーツとも相性バツグンです。

IMG_5522

 

 

気持ち良くご発注を頂き、早速作業開始となりました。

まずは、パーツの脱着から。

単色フィルムのフルラッピングの場合、塗装と同等のクオリティが求められますので、結構色々なパーツを外して作業します。

なのですが、扱うのが高級車なだけに、色々ここでトラブルも。

ドアの内張りをバラしてドアノブを外したり、リアテールランプを外したり、場合によってはフロント周りも全部バラしたりしますが、高い車ほど複雑な作りになっています^^;

最近はどこにでもセンサーが付いているので、下手するとエラーが出てディーラーにリセットをお願いしないとダメな場合も・・・

 

今回はエラー関係は大丈夫でしたが、ドアノブを外すのに苦戦しそうだったので、作業を「ボディーショップカワナ」さんにお願いしました。

カワナさんは高級輸入車をメインに取り扱っておられる板金塗装屋さんです。

会社が近いのでよくお仕事を頂いたりしていますが、今回はパーツの外し作業に来て頂きました。

やはりプロにお願いすると安心です。

IMG_5427

 

 

サクッとパーツを外して頂いたところで、ラッピング作業開始です。

ところが、作業途中の写真を1枚も撮っていませんでしたので、いきなり完成写真のお披露目です笑

_DSC0078m _DSC0089m

 

_DSC0072LXフルラッピング完成

 

夜室内で撮影するのと、昼間に撮影するのとで表情がだいぶ違います。

これもマットメタリックの楽しいところですね(^^)

_DSC0032m_DSC0036m

 

 

もちろん細かいところも、ガッツリこだわりクオリティで施工しております。

_DSC0084 _DSC0087 _DSC0090 _DSC0092

 

 

いかがでしょうか。

今回はボディに合わせて、サイドのウィンドウモールもメッキからマットブラックへラッピングしました。

全体がマットの質感になり、一体感のある仕上りになりました。

ホイールやグリルなどはオーナー様が塗装をご依頼されたようで、こだわり抜いた1台になっております。

 

LX自体まだ走っているのを見かける機会は少ない車ですが、ここまで仕上げておられる車両はそうそういないのではないでしょうか^^;

車は大好きなので、楽しいご依頼でした♪

オーナー様にもお喜び頂けたので何よりです。

 

オーナーM様、ご依頼ありがとうございました。

 

===============2018年6月12日作業更新===============

以前フルラッピングのご依頼いただいたLXのオーナー様からルーフを貼り直したいとの連絡がありました。

今回は「マットチャコールメタリック」ではなく「グロスブラック」をチョイス!

それでは早速剥がしていきます!

とにかくデカくて剥がすのも一苦労です(汗)

なんだかんだで全部剥がすのに1時間近くかかりました^_^;
天井が近くて大変でした、、、

完成がこちら

同色でもかっこいいですが、あえてルーフを違う色にしてもいい感じになりますね!

今回はグリルがTRD製の物に交換されていたのでそちらにもラッピングさせて頂きました!

サイドのウィンドウモールも一度剥がして張り替えてます!

オーナー様のこだわり抜いたLX
キレイにまとまっていて更にかっこよくなりましたね♫

オーナー様、いつもご依頼いただきましてありがとうございます。

それではまた^^/

===============2018年7月09日作業更新===============

本日はレクサス LXのサイドモールの補修とヘッドライトのプロテクションフィルムを施工させて頂きました。

会社内に車が溢れかえっている中に、この車体が入ると、巨大さが改めて実感できますね。

モール部分を剥がしていき、サクッと施工していきます!

同時進行でヘッドライトにプロテクションフィルムを施工していきます。

いっけん簡単そうに見えますが、ゴミや糊ズレなどが目立つフィルムなのでシビヤとなっております。

こんな感じで完成

サイドモールには、サテンブラックを使用しました。
車体が引き締まって見えますね^^

ヘッドライトについては、写真だと代わり映えしませんね^_^;

ただ、こちらのフィルムはかなり優秀でして。
飛び石など攻撃も防いでくれる上に、フィルム自体に厚みがあるため、ヘッドライトの細かいキズもある程度は消えて艶も出ます。

ヘッドライトだけではなく、ボディーにも貼れますので、気になる方はご相談下さいませ!

オーナー様、いつもご利用頂きましてありがとうございます。

それではまた^^/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ワンポイントで貼ってみたい!

ガラリとフルラッピングでイメージを変えたいなど! そんな時は弊社におまかせ下さい!

長年培った経験と技術でサポートさせて頂きます!

まずはお気軽にお問合わせ下さいませ^^

http://www.noraimo.com

痛車ステッカー製作・痛チャリなら「のらいも工房」へおまかせ!

NORAIMO GRAPHICS BLOG

痛車ステッカー・痛チャリ・カーラッピング・レーシングミクグッズ等の製作に関わる日記をゆるーく更新

PAST WORK

痛車ステッカー過去製作事例

more
PRODUCTS

痛車ステッカー・ラッピング製品紹介

NORAIMOチャンネル

痛車・ラッピングの製作風景を動画でご紹介!

OTHER

痛車ステッカー以外にも様々なラッピングが可能です

写真、バイナル、会社のロゴなどの印刷にも対応いたします。 お気軽にお問い合わせ下さい。
  • 痛車ラッピング事例
  • 痛車ラッピング事例
  • 痛車ラッピング事例
  • 痛車ラッピング事例
GUIDE

痛車ステッカー・痛チャリのご購入ガイド

のらいも工房 発送時期についてイラスト
ABOUT NORAIMO GRAPHICS

痛車ステッカー・痛チャリ専門店「のらいも工房」とは?

痛車製作のらいも工房の紹介

痛車・痛チャリの製作ならお任せ!

のらいも工房では、痛車ステッカー・カッティングステッカー・シースルーフィルムの製作を行なっております。 「業界一の低価格で、業界一の高品質」を理念に、お客様の痛車ライフをサポートいたします。 お気軽にご相談ください。

痛車専門店ならではのサービス

専門店だからこそ出来る多種多様なご提案

痛車ステッカーの専門店である「のらいも工房」では、 フルカラーステッカーをはじめカッティングステッカーやシースルーフィルムまで幅広く扱っております。 またイベント展示できるようなデザインのご提案やバイナルデザインなども行なっております。

写真等のグラフィックにも対応

高いクオリティのプリントを実現

痛車のステッカーは看板と違い至近距離で見られることが前提です。 どのようなデータもベストの状態でプリントすることを追求していた当店だからこそできることがあります。 看板屋さんとは違うクオリティであなたのグラフィックを表現いたします。

ステッカー製作を広くサポート

様々なデザインをご希望の形に

長年培ってきた知識と経験を元に、データのご入稿からデザインまで広くサポートし、 お客様ひとりひとりにあった商品を提供いたします。 印刷データが作れないという方もご安心ください。JPG等の画像形式にも対応しています。

ACCESS

痛車ステッカー・痛チャリ専門店「のらいも工房」へのアクセス

運営会社 株式会社リーズジャパン
所在地 〒216-0002
神奈川県川崎市宮前区東有馬3-15-4
電話番号 044-820-6137
E-mail info@noraimo.com
SNS

痛車ステッカー・痛チャリ専門店「のらいも工房」のSNSをチェック