痛チャリ用ステッカーの貼り方

今回は痛チャリ用ステッカーの貼り方を解説したいと思います。

貼り方は人それぞれな部分もございますので、必ずしも正しい方法ではありません。

あくまでも弊社のらいも工房での施工方法となりますが、皆様の参考となれば幸いです。

 

まずはじめに下準備をしていきます。

取り付けに必要なもの

・スキージー、ハサミ、カッター、ヒートガンorドライヤー、ウエス、シリコンオフorアルコール

1.使用するステッカーの余白を、ある程度の形で台紙ごと丸くカットしていきます。

ステッカー自体は円形にカットされていますので、そこまできっちりとしていなくても大丈夫です。

_DSC1341

2.施工前にホイールカバーの汚れや油分を取り除いて行きます。

ここでの清掃を怠ると最終的な仕上がりに影響するので、入念に清掃していきます。

 3.ホイールカバー表面の凸凹を逆にします。(円錐型の凸型になっていますので、表側から軽く押し込んでベコッと凹型にします。)

※カバー自体はそれなりに柔らかいのですが、割れないように注意してください。

 

_DSC1334 4.裏紙を半分くらいめくってカットします。 裏紙をすべてめくってしまうと位置合わせがしづらくなりますので注意して下さい。

_DSC1354 5.リムのでっぱりにステッカーを貼り付ける。

面部分をホイールカバーから浮かした状態で、リムのでっぱり(ホイールカバーの一番でっぱっている部分)から貼り込んでいくと位置調整がしやすくなります。 名称未設定-2 無題 6.裏紙を一気にめくります。 この時点ではまだ面に貼り付かないようにして下さい。

シートがたるまないように、ピンッと引っ張りながら裏紙をめくるように貼ってみて下さい。

_DSC1361 _DSC1363 7.引っ張りながら外側を貼り付けます。 シートがたるまないように引っ張りながら、工程5で貼ったようにリムのでっぱり(ホイールカバーの一番出っ張っている部分)の全体を貼り付けていきます。

8.外周のフチを貼り込み・カットします。

名称未設定-1 _DSC1367 工程7で貼り込んだリムのでっぱりの外側部分をスキージーで貼り込んでいきます。 貼り込み終わりましたらカッターで不要な部分をカットしていきます。 9.ドライヤー又はヒートガンでシートを柔らかくしていきます。 _DSC1380 キワの部分はドライヤー又はヒートガンでシートを温めると貼りやすくなります。

※温める際に、あまりにも温めすぎたり伸ばしすぎるとシートが破れるので注意して下さい。

10.キワにスキージーを押し当て張り込んでいきます。

名称未設定-3 _DSC1378 _DSC1384 シートが温まり柔らかくなったらスキージーを押し込むようにして浮きが残らないように処理していきます。

貼った後にどうしても浮きが残る場合は、浮き部分にカッターの先端でほんの少しつっついて空気を逃がした後 ドライヤーなどで温めるときれいになる事があります。

11.スキージーで面を張り込んでいきます。 _DSC1389 工程10で貼ったキワの部分から中心穴に向かってスキージーで貼り込んでいきます。

中心穴側からキワ側(内側から外側)に貼り込んでいきますと、空気の逃げ道がなくなりエアが残ってしまう可能性がありますので、必ず外側から中心に向かって貼り込んで下さい。

ここまで来たらもう少し♪ あと一踏ん張りです!!

12.ボルト穴の形を作ります ボルト穴の位置を裏から確認し、ドライヤーなどでシートを温めながら表側から指を押し込むとキレイな穴の形ができます。 13.カッターでボルト穴をカットしていきます。 _DSC1404 コツとしてはカッターでくり抜く際に少し内側でカットし、指を穴に入れてグリグリっと回すと比較的にキレイに仕上がります。 仕上がりの差がでできますので、ここからは慎重に気をつけましょう。

14.中心の穴の余分な部分をカット _DSC1408 ホイールカバーを裏面にして、カッターの刃を中央の穴に沿わせるようにしてカットするとキレイに切り抜けます。

15.バルブ穴を処理していきます ボルト穴と同様にドライヤーなどを使ってバルブ穴をきっちりと浮き彫りにしてから、カッターで不要な部分をカットします。

16.完成♪ _DSC1491 _DSC1589 _DSC1584 _DSC1585 _DSC1586 _DSC1588 _DSC1587 これですべての工程を終えホイールカバーが完成です。 キレイに仕上がりました。

今回はバルブがある方のカバーでの紹介でしたが、反対側は工程14までで終了です。

いかがでしたでしょうか?

慣れないと大変かもしれませんが、完成した時の喜びは計り知れませんね♪

是非一度チャレンジしてみて下さい。

なお、今回ご紹介させて頂いた施工方法ですが、ご注意いただく点があります。

弊社で施工する場合は、通常痛チャリ用ステッカーで使用しているものでは無く、3Dラップフィルムでの施工となっております。

3Dラップフィルムの特徴としましては、カーラッピングのために作られたシートで、位置決めが容易でエアの抜け具合もかなり良いものとなっております。

通常のステッカーですと平面向けのシートとなっておりますが、3Dラップフィルムですと3次曲面にも対応しています。 そのため、ホイールカバー側面の凸凹部分にも貼れるのが特徴的です。

痛チャリ用ステッカーから3Dラップフィルムへの変更は、通常の痛チャリ用ステッカーの価格+6,000円(税別)にて承っております。

グレードアップをご希望の方はお問い合わせの際にお申し付け下さい。

お見積りフォーム  

また、不器用な私には無理だ…という方でも安心のプランをご用意♪

別途費用は掛かりますが、弊社スタッフによる貼りこみ施工オプションもご用意しております。(貼りこみオプション2,0000円+税)

なお、貼りこみオプションの金額の中にステッカーのグレードアップ分の金額も含まれております。

ご希望の方はお申し付け下さいませ。

施工オプションにつきましては、痛チャリステッカーの製作と合わせてご依頼いただく事が条件となります。

 

痛チャリステッカー製作をご検討中の方は是非のらいも工房のご依頼ください。

ご不明な点等ありましたらお気軽にお問い合わせください♪

 

 

デザイン&ラッピングを始め、単色のカラーチェンジラッピングや部分ラッピング、なんでもご相談ください。

長年培った経験と技術でサポートさせて頂きます!

カーラッピングの事なら”のらいも工房”まで♪

http://www.noraimo.com/

痛車ステッカー製作・痛チャリなら「のらいも工房」へおまかせ!

NORAIMO GRAPHICS BLOG

痛車ステッカー・痛チャリ・カーラッピング・レーシングミクグッズ等の製作に関わる日記をゆるーく更新

PAST WORK

痛車ステッカー過去製作事例

more
PRODUCTS

痛車ステッカー・ラッピング製品紹介

NORAIMOチャンネル

痛車・ラッピングの製作風景を動画でご紹介!

OTHER

痛車ステッカー以外にも様々なラッピングが可能です

写真、バイナル、会社のロゴなどの印刷にも対応いたします。 お気軽にお問い合わせ下さい。
  • 痛車ラッピング事例
  • 痛車ラッピング事例
  • 痛車ラッピング事例
  • 痛車ラッピング事例
GUIDE

痛車ステッカー・痛チャリのご購入ガイド

のらいも工房 発送時期についてイラスト
ABOUT NORAIMO GRAPHICS

痛車ステッカー・痛チャリ専門店「のらいも工房」とは?

痛車製作のらいも工房の紹介

痛車・痛チャリの製作ならお任せ!

のらいも工房では、痛車ステッカー・カッティングステッカー・シースルーフィルムの製作を行なっております。 「業界一の低価格で、業界一の高品質」を理念に、お客様の痛車ライフをサポートいたします。 お気軽にご相談ください。

痛車専門店ならではのサービス

専門店だからこそ出来る多種多様なご提案

痛車ステッカーの専門店である「のらいも工房」では、 フルカラーステッカーをはじめカッティングステッカーやシースルーフィルムまで幅広く扱っております。 またイベント展示できるようなデザインのご提案やバイナルデザインなども行なっております。

写真等のグラフィックにも対応

高いクオリティのプリントを実現

痛車のステッカーは看板と違い至近距離で見られることが前提です。 どのようなデータもベストの状態でプリントすることを追求していた当店だからこそできることがあります。 看板屋さんとは違うクオリティであなたのグラフィックを表現いたします。

ステッカー製作を広くサポート

様々なデザインをご希望の形に

長年培ってきた知識と経験を元に、データのご入稿からデザインまで広くサポートし、 お客様ひとりひとりにあった商品を提供いたします。 印刷データが作れないという方もご安心ください。JPG等の画像形式にも対応しています。

ACCESS

痛車ステッカー・痛チャリ専門店「のらいも工房」へのアクセス

運営会社 株式会社リーズジャパン
所在地 〒216-0002
神奈川県川崎市宮前区東有馬3-15-4
電話番号 044-820-6137
E-mail info@noraimo.com
SNS

痛車ステッカー・痛チャリ専門店「のらいも工房」のSNSをチェック